2008年08月21日

トイレの節水

節水タイプのトイレを使ってる人には関係ないですが、
トイレの節水といえばペットボトルをタンクに入れておくというのが昔から言われてました。

トイレは大の方で流すとタンクの水をほぼ全部放出するので、水を入れたペットボトルを入れておきタンク内に溜まる水を少なくする=節水というわけです。

でも色々調べてみると、この方法だと水圧の低下や水流の阻害等の影響で1回で流れない事もあるようです。
流れる勢いは水の量が多いほど強いですからね・・
よって余計に流す結果となったり、故障の原因とかにもなるので今では逆にダメって感じです。

試してみても良かと思いますが、私の場合は壊れたりしたら嫌なので止めました。


この手の物は、市販品でも色々出てます。

この
ロスカット
を使ってます。(一応楽天で一番安い店)
年間2万はちょっと大袈裟かもしれませんね
4人家族でも1日30回の大便はしないでしょうに(笑)
まあ小でも大でも、使用後は「大」で流す人が多いと思いますのでそれなら30回いくでしょう。







ウォーターセーバー
っていう安い製品も見つけましたが、重りなのでタンク内にある「浮き」の強さに影響されるみたいです。
直ぐ外れるっていう人もいれば、重過ぎてレバーを捻ったままじゃないと流れない人もいるようです。
レバーを捻ったままでしか流れないなら「小」でできるがな・・・

という事で閃きましたが「小」レバーを上手に駆使して水量を調節すれば人力でも何とか節水できそうですよ!
面倒ですが(ーー;)


売る側は若干大袈裟に書くので少なく見積もって年間1万ぐらいの節約としときましょう。


水道代は地域によって異常に違いますので参考までに


※我が家は、長期滞在や長期不在のムラが激しく細かく検証はが難しいので自己計算や各種情報を元に記載しております。



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです



posted by ken at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。