2013年11月14日

ジーンズの簡易修復


20131114_1.JPG

一般的に服は色褪せたり破れたりすると、部屋着やぼろ布として使用するか、捨ててしまうしかない。
しかしジーンズは、むしろボロボロの方が味があるというか、ダメージ加工して売っている物もあるぐらいである。

というわけで、痛んでも穿ける、とてもコスパが良い普段着だと思う。

私も膝とかに穴が空きまくりである。

しかし膝の穴などは、穿くときに足を引っかけたりして致命傷を負う(ジーンズが)ことも度々ある。
あと、穴が空いてると冬ちょっと寒い・・・・。

という訳で、別の布で修復するという解決方法が考えられるが、
ミシンなどを持ってない人や使えない人もいるだろう。
そこで、簡便的に修復するのに便利なのが、衣類用の接着剤である。

アマゾンでの検索結果
上記のようにアマゾン等のネットショップでも販売しているが500円前後とちょっと高い。
店によっては無いかもしれないが、100円ショップでも安く入手可能な場合があるので探してみよう。

私がダイソーで買ったやつは接着して30分程プレス。
その後アイロンで再プレスして終わりです。

もちろん洗濯も可能ですよ♪

容量は一般的なチューブ型接着剤ぐらいあるので、3〜5回分ぐらいあるのではないでしょうか。


古いジーンズを切って裏から接着しています。
20131114_2.JPG



実際こんな感じ。
最初の写真はわざと当て布を見せてますが、横繊維が残ってるとパッと見で分からないです。
20131114_3.JPG



市販のジーンズでも、結構派手な布を裏から縫い付けているような物もあるので、
好みに合わせてバンダナ等の布を使っても良いかもしれませんね。


これで、超長持ちさせる事が出来ますよ♪
限界に挑戦するのもまた楽しみです。だんだん重くなってきそうだが・・・。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです




posted by ken at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

安い靴を頑張って長く履く

節約生活を意識していると、靴なんかも少々の痛みでは捨てませんよね。
逆に、どこまで履けるか意地になったり・・・

靴を履き潰すとした場合、どれぐらいになったら「潰れた」って事になるのだろうか。


靴の底が擦り減り、穴が空くまでとなったら、いかにも履き潰したって感じであります。
私の履いてる靴も少し擦り減ってツルツルになってきました。
めっちゃ滑ります!
雨の日なんて、タイルの上でスケートごっこが出来ちゃいます。
子供だったら大はしゃぎですよ。
20130629_1.JPG



高い靴なら、専門業者に頼んで靴底を強化したり、色々とメンテナンスをしてもらう選択肢もありますが、1,000円〜3,000円ぐらいの安物だと新しい靴が買えちゃう値段なので、安物の目標としては、若干のメンテで底に穴が空くまで履けたら十分ではないでしょうか。


しかし普通に履いてると、靴底より他の部分が先に痛んでしまう事が体感上多いです。


問題になってくるのは、大体以下だと思います。


■靴の内側かかと部分の破損
靴の内側では、かかと部分が一番ダメージを受け易いようです。
クッション素材などが入っている場合、破れて中身が出てきちゃいます。
少々破損しても履き続ける事は可能ですが、クッション部が破れて硬い部分が露出すると、靴下のかかとが痛み易くなります。

この部分は、布のガムテープを張り付けるのがお勧めです。
直ぐ取れそうな感じですが、意外と取れません。
尚、破損後でも何とかなりますが、破損する前に補強しておくと良いでしょう。
破損後だと、張替時に破れが拡大しちゃったりします。

ガムテープは、100円ショップ等でカラーのが売っているので合う色をどうぞ。
この点を含め、黒い靴は色々有利です。

20130629_2.JPG

■ソールの剥がれ
靴本体と、ソールの接着部分が剥がれる事があります。
安物だといきなりぶっ壊れる場合もあり、メーカー品ならともかく、ノーブランドだとこの辺は運だと思う・・
買う前に、接続面を十分確認するしか無いでしょう。
ここは一旦破損すると復旧が難しいので、購入後は、シューグーという補習材の透明版で補強しておくと良いかもしれません。


もし、ソールが剥がれてしまった場合ですが、一般の接着剤での修復は微妙です。
前述のシューグーや、シューズドクターN等の専門の補習剤ならマシだと思いますが、
接着しても再剥離し易く、浸水の可能性も高いので、
大きく剥がれてしまったら諦めた方が良いかも・・・。




■表面の色剥げ
合成皮などの靴は擦れたりする事により、表面の塗装が剥がれてきちゃいます。
機能的に問題は無くても、下地の色が所々見えてると嫌ですよね。

黒の靴であれば、100円ショップ等で売っている靴クリームの黒を塗って、布でこすってあげれば目立たなくなります。
茶色のクリームもありますが、黒い靴に黒いクリームが一番楽でしょう。
黒以外のカラーであれば、クレヨンの近い色をクリーム同様に擦り込んでやると目立たなくなります。これも100円ショップで買えますね。
20130629_3.JPG


■やっぱり靴底も補強しておきたいなら
まだ使った事は無いのですが、靴底の補修は前述のシューグーシューズドクターN等で補強可能です。
使用する機会があれば使用感などを書いてみようと思いまっす。


とりあえず おわり

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです
posted by ken at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。