2013年04月16日

LED電球の機器代と電気代検証

すっかり一般的になってきたLED電球。

消費電力も低く高寿命と、エコでお得な反面、機器代が少し高めです。


では、機器代の差も考慮した場合、どれぐらいのコスト差があるのだろうか。

そこで検証してみましょう!
って、そんな事を検証しているサイトは腐る程あるので、今更何言ってんだって感じですが、専用の計算機も作ったので色々なパターンを検証してみて下さい。


今回の記事中では、以下の2パターンを検証します。

1.トイレの白熱電球をLEDに変更
2.部屋の蛍光灯をLEDに変更


その他のパターンや、機器の値段、消費電力、寿命等を細かく設定して検証したい場合は、計算機で実際に入力してみて下さい。



ではトイレからいってみましょう。あくまで1例です。
■交換前情報
白熱電球
単価:200円
消費電力:40W
寿命:1000時間

■交換後情報
LED電球
単価:2000円
消費電力:6W
寿命:40000時間

こんなもんでしょうか。
計算機で計算すると
交換前の時間コストは 1.08円/時間
交換後の時間コストは 0.182円/時間

1日1時間も使わないかもしれませんが、風呂とか玄関とかの使用時間と合算して、
1日1時間と仮定すると
交換前の年間コストは 394.2円/時間
交換後の年間コストは 66.43円/時間


差額で年間 327.77円 お得になります。





では、次に部屋の電灯を考えてみましょう。
部屋の蛍光灯器具にLDE電球は付けられませんが、それについては後述します。

■交換前情報
丸型蛍光灯30+32型
単価:1000円(2つセット)
消費電力:60W
寿命:8000時間

■交換後情報
LED電球(10W+10W)
単価:5000円(2個分)
消費電力:20W
寿命:40000時間

交換前の時間コストは 1.445円/時間
交換後の時間コストは 0.565円/時間


部屋の灯りなので、1日8時間ぐらいを想定し年間コストを算出。
交換前の年間コストは 4219.4円/時間
交換後の年間コストは 1649.8円/時間


差額で年間 2569.6円 お得になります。1部屋分なので家族が居るなら2〜3倍ぐらいになるかも。



という訳で、交換のメリットは十分あると思います。

時々思うんだけど、トイレの電球の寿命が40000時間だと先に自分の寿命が来る気がする・・。





さて部屋の灯りは、普通は丸型蛍光灯の器具を使っていると思いますが、
我が家では、祖父の家から貰ってきた電球ソケットを付けてます。
二又にするソケットも拝借。

20130416_1.JPG


20130416_2.JPG


数十年前の物ではないでしょうか(-_-;)
こんな古い物に、最新技術で出来た電球を繋ぐ事が出来るとは・・・。



LED電球は、東芝 E-CORE の LDA11N-G を使ってます。(10.6W)



めちゃ明るいです!普段はこれ1個で過ごしてます。
写真では片方は蛍光灯タイプですが、2個付けるとその辺の30+32型の蛍光灯より明るいです。



電球ソケットは1000円以下〜3000円ぐらいで1個〜3個接続タイプが手に入ります
見た目がオシャレでは無いですが、1年ぐらいで元は取れるので、選択肢に入れても良いのでは無いでしょうか。



まあ、我が家はまだ全部LEDになってないんですけどね。
そろそろ揃えよう・・・・。






にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです


タグ:Led 節電 電気代
posted by ken at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

電力会社との契約プランをチェックしてみよう

何気に払っている電気代。
色々な料金プランやオプションがあるのをご存知でしょうか。
意外と知らない人が多いような気もします。
私も昔読んでた節約情報系の本を見るまで知りませんでした(^^;


但し、電力会社によって結構違う部分があるので少々ややこしいです。

一応チェックしておいた方が良いのが
1.契約アンペア数
2.深夜の電気代が安くなるプラン


の2つだと思います。





1.契約アンペア数

関西、四国、中国電力など一部の電力会社では採用されていませんが、
契約アンペア数を変更すると基本料金が変わります。
では、「契約アンペア数は何に影響するか?」ですが、
一度に同時使用出来る電化製品数に影響します。


参考情報
教えてgoo「皆さんの契約アンペア数を教えてください」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1255773.html


アンペア数の計算は、上記リンク内にも記載されていますが、

電流(A:アンペア)= 電力(W:ワット)/ 電圧(V:ボルト)です

一般家庭のコンセントは100Vなので、ワット数を100で割った数値が電流(A)目安です。
契約が30Aの場合は、合計30Aまでの製品しか使えない事になります。
一度主要機器のアンペアをチェックして、余裕があるなら変更してみてはどうでしょうか。

わざと10Aにして、夜は小さいランプと月明かりで過ごすような極貧生活を送ってみてもいいかも知れませんが、1年間は再変更が出来ないらしいので、エアコンが使えず凍死とかしないように注意して下さい。
詳細は各電力会社までどうぞ。





2.深夜の電気代が安くなるプラン(時間帯別電灯など)

どの電力会社にもあるプランです。
夜間の電気代が半額以下となり、日中の電気代が割高になります。
※各社によって若干違うが、夜間とは23時〜7時頃

終電や深夜に帰宅して、朝日が昇る頃に寝るような昼夜逆転生活の人は利用してみてはどうでしょうか。




以上、プランに関して2つ程記載しましたが、各電力会社では使用量や使用機器によって使えるオプションなどもあるので、一度HPでチェックしてみましょう♪

参考ページ
http://www.tepco.co.jp/e-rates/custom/erabu/index-j.html
http://www.kepco.co.jp/ryoukin/index.html



ちなみにワットチェッカーPlus買っちゃった。
検証とかに色々活躍しそうですよ。



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです






「節約・貯蓄」ランキング







posted by ken at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

リモコンコンセントで待機電力カット

電気製品を使っていない時でも消費される待機電力。
一般家庭の電気代のうち10%程度を占めるといわれています。
家庭の規模にもよりますが年間10,000円前後ですね。

ちなみに、携帯の充電器用アダプタなども本体を刺して無い状態で電力を消費しています。

そして、良く言われているのが、
コンセントをこまめに抜くとか、スイッチ付きのコンセントを使ってこまめにスイッチを切るというのがあります。
一見面倒ですが、使用前に刺して使用後に抜く癖をつけておけば、それ程面倒と感じなくなります。


でもコンセントがTVの後とか机の後とか、めちゃくちゃ狭い所にある場合は正直大変です。
スイッチ式なら多少楽ですが同様に面倒な場所にあると辛い・・・。

手動スイッチじゃなくて、リモコンとかでピッと切れたら便利だよな〜。
開発して売ったら大ヒットかも!
と思ったら既にあった( ̄□ ̄;)!!

リモコンコンセント


でも知らなかったぐらいだから、大ヒットはしていないかも(笑)

全ての待機電力をカットするのは無理ですが、TV関連とかパソコン関連とか不要な時は切っておきたい製品だけ繋いでおけば、未使用時や就寝時、外出時にピピッと手軽に切れます。
(複数個あっても混線しません)

尚、冷蔵庫とかは別口から取りましょう。
間違えて切ったら死ねます(T.T)


ちなみにこの商品、布団から出ずにヒーターの電源を切ったりとか、ランプ、サーキュレーター等の遠隔オンオフなど、節電というより便利商品として使ってる人が多いみたいですね。




にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです



タグ:待機電力
posted by ken at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

他製品の熱をこたつに

コタツって400〜800ワットと結構な電気代がかかります。
但し強の場合なので、普通は半分以下と考えます。
仮に半分だとすると
200Wで1時間4.4円
400Wで1時間8.8円

1日5時間程度使うとすると
200Wで月に660円
200Wで月に1320円

【計算機】
http://keisanki.good-sites.info/denki.php


こたつって、足が冷えてる時は最初だけ強にしたりするかもしれませんが、後はそんなに強くなくても大丈夫だと思います。

そういう場合はコタツの一方の布団を空け、その方向にファンヒーターを置いておくと結構ぬくぬくです。勿論部屋も温まります。

又は布団を下ろしてダクトホース
でヒーターの温風口付近とコタツ内部を繋いでみても良いと思います。
(繋ぐといっても固定する訳じゃなくて置いてるだけでOKです)

と思ったら専用商品を見つけました(笑)
仕組みは単純なので無理に専用品を買う必要は無いと思いますが、それ用に作られてるので色々楽かもしれません。



ちなみにダクトを使う場合に気になる点ですが、換気が不要な製品以外は一酸化炭素がコタツ内に溜まるので、頭からこたつに入っちゃいたがる人や小さい子供の居る家庭では注意した方が良さそうです。この手の製品の事故のニュースは聞いた事が無いので分かりませんが一応注意しておいた方が良いかと思います。



あと、普通の石油ストーブを使っている人はこの方法は無理だと思いますがヤカンを乗せれるタイプのストーブなら、ヤカンでお湯を沸かして湯たんぽに入れ、コタツに放り込んでおけば良いと思います。

部屋の上部に付いてるエアコンの場合は難しそうですね・・・。
長いダクトで何とかならないでもないでしょうが。




にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです



posted by ken at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

ナツメ電球をLEDにしてみると

効果は少ないので小ネタっぽい内容かな?

ナツメ球というのは円型蛍光灯の真ん中についている常夜灯の事です。
小さい時は、コレが点いてなかったら怖くて寝れませんでした(笑)

100円ショップだと2個で100円ぐらいで売ってますね。
有名メーカー品でも2個で200円弱。


このナツメ球。消費電力が少ないLED版があります。

商品参考



でも結構高いですね。4倍程の値段がします。
但し、寿命が一般の物に比べて10倍高いのです。
フィラメント型一般品:約5千時間
LED型製品:約5万時間
元は十分取れますし、1日数時間も使わない場合は一生使えるぐらいの寿命です。
1日1時間だと137年(笑)


消費電力ですが、フィラメント製が5Wに対し、LED製は0.5W。
1/10の電力で済みます。


とはいえ、元々少ない消費電力なので、本体の値段や寿命によるメリットを考慮しても大幅な節約効果は無く、寝る時にずっと点けっぱなし状態でも年間数百円程度の効果です。
深夜トイレに行く時ぐらいしか使わないのであれば、それこそ数円〜数十円程度でしょう。
しかし効果が無い訳ではありませんので、今使ってるヤツが切れたら買ってみても良いかもしれません。

ちなみに、LED1個だと若干従来品より若干暗いかも。
(極端に困るような程ではありません)

我が家では
LED3個タイプ
を使ってますが逆にこっちは明る目かな?


最後に、参考情報としてオンラインショップの商品にリンクしていますが、これのみ買うと送料の方が高いので、ホームセンター等で買った方が良いでしょう。買い溜めすればオンラインでも大丈夫と思っても、寿命が異常に長いので止めましょう(笑)




にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです



posted by ken at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。