2013年05月01日

パソコンの消費電力と使用用途

パソコンの消費電力と使用用途

少し前に、調べ物や簡単な作業はデスクトップPCを使わずにノートPCを使って節電しているという話をどこかで見聞きした。

我が家には何故か、デスクトップ1台、ノート2台、ネットブック1台、Macのノート1台でと計5台もパソコンがあるのだが、個々の消費電力は把握していない。

ずいぶん前にワットチェッカーを買ったので、この機会にパソコンの消費電力を実測してみる事にする。



1台ずつ検証してみよう。

用途はネットサーフィン程度の軽い処理を想定してます。




Compaq 6710b(A4ノートPC)
仕事用に中古3万ぐらいで購入

ディスプレイは 15.4インチ
CPUは Core2 Duo T7250 2.00 GHz
メモリ2G
ドライブは通常のHDDである

消費電力は大体25〜30Wぐらいであった。





Dell Inspiron Mini 9(ネットブック)
新品で買ったが3万ぐらいだった

ディスプレイは8.9インチ
CPUは Atom N270 1.6GHz
メモリ2G
ドライブはSSDである

消費電力は大体10〜15Wぐらい。

ディスプレイサイズ、CPUの消費電力、ドライブがSSDという事で、
ノートの半分ぐらいの電力である。だが、動作重いし画面狭い・・・。



■自作機(デスクトップ)
パーツをチマチマ交換して6年目ぐらいのメインマシン

ディスプレイはAcer X263Wbi 25.5インチ
CPUは Core 2 Quad Q9550 2.83GHz
メモリ8G
ドライブは、SSD*1 HDD*1 である

消費電力は、ディスプレイ 38W + 本体120W前後
合計 158W前後であった。


何とノートPCの5倍以上ありました。

ちなみにディスプレイは待機状態で2Wも消費。
本体は電源を切っても4〜5W消費していた。


節電にはスイッチ付きのコンセントを活用した方が良さそうですね。





MacBook Pro A1260(A4ノートPC)
仕事等で使用するので中古5万ぐらいで購入

ディスプレイは 15.4インチ
CPUは Core2 Duo 2.4 GHz
メモリ2G
ドライブは通常のHDDである

消費電力は40W前後であった。





ASUS ZENBOOK UX31A-R4256(A4ノートPC)
長時間バッテリー駆動PCが必要になり、展示品を10万で購入

ディスプレイは 13.3インチ
CPUは Core i7 3517U 1.9GHz
メモリ4G
ドライブはSSDである

消費電力は何と10〜15Wと、対スペックとしては脅威の省電力。
液晶のバックライトがLEDなので、この辺りの影響が大きいのかもしれません。






という訳で、簡単な作業はデスクトップを使うよりノート使うなど、状況に合わせて使い分けた方が良さそうですね。

私は仕事もプライベートも、殆どの時間パソコンを使用している末期のIT中毒者ですし・・・。



現時での我が家では、消費電力的に ASUS ZENBOOKが最強なのですが、
購入した理由が、【5時間ぐらいのバッテリー駆動が必要だった】といった理由なのでバッテリー劣化を防ぐ為、今の所は他のノートにがんばって貰いましょう。
※このノート、バッテリー外せないんだよね・・・


ネットブックは使い難いのですが、動画を見たり、サイトの巡回等のキーボード操作を伴わない用途にはまだ使えるので、駄目人間育成テーブルとセットで活用していくとしましょう。



という訳で、古いノートも活用すれば節電できるよ♪

おわり



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです

posted by ken at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

大根おろしの汁をどうするか

大根おろしを作ってて、この汁は何かに使えないだろうかと思い調べてみたら、クックパッドにやたらレシピ出てきた。
実際に見てみると、汁というより大根おろしその物を使ったレシピが殆どでしたが・・。

どうやら、味噌汁に入れる人が多いようですね。
味噌汁なら毎食作っている人も多そうなので、有効かもしれませんね。

しかし、熱を入れると様々な美容要素や栄養素が失われてしまうようなので、可能なら飲んじゃった方が良いかもね。



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです



posted by ken at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

LED電球の機器代と電気代検証

すっかり一般的になってきたLED電球。

消費電力も低く高寿命と、エコでお得な反面、機器代が少し高めです。


では、機器代の差も考慮した場合、どれぐらいのコスト差があるのだろうか。

そこで検証してみましょう!
って、そんな事を検証しているサイトは腐る程あるので、今更何言ってんだって感じですが、専用の計算機も作ったので色々なパターンを検証してみて下さい。


今回の記事中では、以下の2パターンを検証します。

1.トイレの白熱電球をLEDに変更
2.部屋の蛍光灯をLEDに変更


その他のパターンや、機器の値段、消費電力、寿命等を細かく設定して検証したい場合は、計算機で実際に入力してみて下さい。



ではトイレからいってみましょう。あくまで1例です。
■交換前情報
白熱電球
単価:200円
消費電力:40W
寿命:1000時間

■交換後情報
LED電球
単価:2000円
消費電力:6W
寿命:40000時間

こんなもんでしょうか。
計算機で計算すると
交換前の時間コストは 1.08円/時間
交換後の時間コストは 0.182円/時間

1日1時間も使わないかもしれませんが、風呂とか玄関とかの使用時間と合算して、
1日1時間と仮定すると
交換前の年間コストは 394.2円/時間
交換後の年間コストは 66.43円/時間


差額で年間 327.77円 お得になります。





では、次に部屋の電灯を考えてみましょう。
部屋の蛍光灯器具にLDE電球は付けられませんが、それについては後述します。

■交換前情報
丸型蛍光灯30+32型
単価:1000円(2つセット)
消費電力:60W
寿命:8000時間

■交換後情報
LED電球(10W+10W)
単価:5000円(2個分)
消費電力:20W
寿命:40000時間

交換前の時間コストは 1.445円/時間
交換後の時間コストは 0.565円/時間


部屋の灯りなので、1日8時間ぐらいを想定し年間コストを算出。
交換前の年間コストは 4219.4円/時間
交換後の年間コストは 1649.8円/時間


差額で年間 2569.6円 お得になります。1部屋分なので家族が居るなら2〜3倍ぐらいになるかも。



という訳で、交換のメリットは十分あると思います。

時々思うんだけど、トイレの電球の寿命が40000時間だと先に自分の寿命が来る気がする・・。





さて部屋の灯りは、普通は丸型蛍光灯の器具を使っていると思いますが、
我が家では、祖父の家から貰ってきた電球ソケットを付けてます。
二又にするソケットも拝借。

20130416_1.JPG


20130416_2.JPG


数十年前の物ではないでしょうか(-_-;)
こんな古い物に、最新技術で出来た電球を繋ぐ事が出来るとは・・・。



LED電球は、東芝 E-CORE の LDA11N-G を使ってます。(10.6W)



めちゃ明るいです!普段はこれ1個で過ごしてます。
写真では片方は蛍光灯タイプですが、2個付けるとその辺の30+32型の蛍光灯より明るいです。



電球ソケットは1000円以下〜3000円ぐらいで1個〜3個接続タイプが手に入ります
見た目がオシャレでは無いですが、1年ぐらいで元は取れるので、選択肢に入れても良いのでは無いでしょうか。



まあ、我が家はまだ全部LEDになってないんですけどね。
そろそろ揃えよう・・・・。






にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです


タグ:Led 節電 電気代
posted by ken at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

WiMAXやイーモバイルでネット環境集約

私は数年前からネット環境をWiMAXのみに集約しています。

都市部に住んでいるので、基本的な行動範囲内では大体電波が入ります。

以前は光電話を家に引いていたり、携帯はパケホーダイ等を使用していたのですが、
現在は光も解約し、自宅のネット環境はWiMAX。
スマートフォンのネットもWiMAXなので、携帯代は基本料ぐらいしか払ってません。
電話も殆どしないですし・・・。

事情によりiPhoneとAndroidの両方を持ってますが、電話はAndroid側で足りるのでiPhon側は電話さえ使用しなければ未契約でも問題ありません。
ネット接続はWiMAXで出来ますので。


という訳で、自宅でのネット環境数千円、スマホのパケット定額サービス数千円×2 をWiMAXに纏める事で、年間10万円ぐらいの出費を抑える事が可能です。


ルータタイプだと、ノートPCや携帯ゲーム機など5〜10台を同時に繋いで使えますので、何時でも何処でも持ち運べるWiMAXは大変便利♪


問題点や注意点としては挙げられる事としては以下のような感じです。



■同居家族等がネットする場合は無理
WiMAXを常時携帯する事になるので、ネットは自分しか使わないって人じゃないと無理でしょう。
外出している間、家にはネット環境が無くなっちゃいますからね・・。



■対応エリアの問題
都市部の地上では余り気になりませんが、スマートフォンの3G回線に比べると電波の入る場所が限られています。
地下や、窓から離れた建物の奥等も繋がらない(又は繋がり難い)場合が多いです。
また、地方だと都市部でも繋がらなかったりします。
この辺りは徐々に解決していくと思います。

ちなみに、お試しレンタル等で、自宅で電波が入るかは確認しておきましょう。



■速度の問題
電波が入れば3G回線よりは断然早く、場所によってはADLSより速いのですが、光回線と比べると遅いです。
使用時間が長いと思われる自宅等での速度が遅いとストレスになりますので注意が必要です。
尚、現時点ではまだ出ていませんが、WiMAX2等の上位サービスが出てくると速度面の改善も期待出来ます。



■バッテリー問題
バッテリーは、入れっぱなしにしていると1年ぐらいでヘタります。
自宅に居る時は電源に繋がっているので問題ないのですが、ヘタったバッテリーだと長時間外出する際にちょっと困ります。
私の場合は、1年縛りの割引プランを使っているので、更新時期に一旦解約して再契約する事で新しいルータを手に入れています。
とはいえ更新時期近くになると、バッテリーの持ちもかなり悪くなっているので、
使わない時は電源を切っておくなどして負担を減らした方が良いでしょう。
最悪、USBバッテリー等、USB接続タイプの外部電源ががあれば何とかなります。



概ねこんな所でしょうか。


で、実際の料金ですが、普通に契約するなら1年縛りのプランである年間パスポートが良いでしょう。
月額は3,880円です。(2013年4月現在)

ちなみに検索してみれば分かると思いますが、1,980円とか、2,980円等の年間パスポート以下の価格で提供しているプロバイダ(他、仲介業者)も存在しています。
これらを選択しても勿論良いのですが、一応以下の点を確認しておきましょう。

・安いのは最初の1年だけ場合があります
 2年目以降の料金を確認しておきましょう。

・2年縛りの場合があります
 上記にも記載しましたが、常時使っていると1年でもバッテリーの劣化が目立ってきます。
 2年だと使い物にならないぐらいの劣化も予想されますので、一応考慮しておきましょう。
 まあ前述の通り、どうしようも無くなった場合はUSB接続のバッテリー等で何とか凌げると思いますが・・。
 もちろん1年契約が可能な場合もあります。


他にも一般のプランとは色々と違う部分がありますので、サービス内容や料金等をしっかり確認しておきましょう。



最後にですが、イーモバイルやWiMAXの申し込みと同時だとパソコンが「100円で買える」みたいなのがありますよね。
あれは、一般プランより2000円ぐらい高い料金を取られて、しかも2年縛りなので、5万円ぐらいを分割払いしているようなものです。
全然お得じゃないので止めておきましょう。



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです


posted by ken at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般及び雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

テーブルや本棚を自作

本棚やテーブルなど自作した方が安上がりだけど、一から作るのは時間もかかって大変だし、上手に出来るか心配。
そんな事を考えつつホームセンターまでちょっと行ってみたんですが、とても素敵な物が売られていました。
本棚等の自作を前提として、半分加工された木材です。
こういうのって昔から売られていたんでしょうか。
普段日曜大工とかしないので分かりませんが、木の部分に切れ込みが入っており、ネジ止め用の穴まで空いてます。
買って帰って作ったのがコチラ。

20130411_1.JPG

布団に入りながらパソコンとかが使える、ダメ人間育成テーブルです。
畳がボロボロですが、気にしないで下さい。貧乏なんです。

この手のテーブルって通販でも売ってますが、2万円とかするんですよね。

今回は、長い支柱を2本と板1枚を買い、支柱は真ん中で切断して4本にしました。
値段はネジも含めて2,880円。
見た目はアレですが、人が乗っても大丈夫な強度でこのお値段は素敵です♪

まあ、板の枚数が多くなる本棚とかの場合は、値段もそれなりになっちゃうと思いますが・・。

20130411_2.JPG

角が引っかからないように、若干ヤスリで削る作業をしましたが、支柱を切ってはめ込むだけで完成です。
板は、かなりガッチリはめ込まれており、ネジは結局使いませんでした。

ちなみにホームセンターが近くに無い場合は、楽天とかでラック支柱
を検索すると同様の物が出てきます。
ただ、はめ込む板の厚さとかを間違えたりすると困るので、何とかホームセンターまで行って現場でサイズとかを確認する方が良いでしょう。



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
ランキングです



タグ:本棚 自作
posted by ken at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。